2010年 01月 13日

CONTAX Vario-Sonnar 35-70mm T* F3.4 をEOS5Dに

日曜日に再度大先輩の写真展を見るために新潟を訪れた際、コンタックス用のバリオゾナー35-70mmF3.4を手に入れました。

ドラカメはズームレンズにあまり興味がないのですが、昔とても高価で手が出なかったコンタックス用となれば話は別(笑)
しかも、67/86リングにフードと純正プロテクトフィルターまでセットで格安でした^^

ショーウインドウの中に28-85mmもあったのですが、迷わず35-70mmの方をゲット。

28-85mmの方が人気があるのですが、価格が高いこととズームレンズにありがちなF値変動型(F値の変動がわずかで、ズームレンズとしてはかなり優秀ですが)なのでパスすることに。
35-70mmはズーム全域でF3.4通しのため、マニュアルで露出固定が多い私にはこちらの方が相性が良いはずです。

d0107372_19194364.jpg

Carl Zeiss  Vario-Sonnar 35-70mm T* F3.4

せっかく手に入れたレンズなので、コンタックスだけでなくデジタルでも使ってみたい。
しかも35-70mmとくれば、APSよりフルサイズでの活用が良さそうということで、EOS5Dボディとの干渉を防止するため、絞り連動ピンとガードを早速加工。

d0107372_19284324.jpg


50mm以下の焦点距離のレンズでは、この加工をしてもレンズ後玉の周辺がミラーに干渉し使用不可能になることが多いのですが、35-70mmの場合は後玉とミラーのクリアランスは充分。

早速テスト撮影といきたいところですが、今日の高田は大荒れの天候^^;

天候の回復を待ちつつ、CONTAXと同じようにファインダーを通してZEISSを楽しむことに(わかりますよね・笑)

ん!なんだこの立体感は!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ←ポチッとお願いします。
[PR]

by dramatic_camera | 2010-01-13 19:44 | クラシックカメラ


<< やはり雪国高田      補正レンズ入りマウントアダプタ... >>