2011年 09月 30日

LEDライト狂想曲 2 光量は?Luxと露出の関係は?

撮影用のLEDライトは、サイズが大きく高価なものから、小さく安価なものまでいろいろなモデルが存在しています。

小さなものより、大きなもののほうが明るいのは容易に想像がつくのですが、そもそそもどのくらいの光量なのでしょうか?

写真用の照明としておなじみのストロボはGN(ガイドナンバー)という値でその光量を把握することができますが、LEDライトの場合はLuxという値で光量をあらわしています。

Luxと露出の関係

しかし、○○LUXという表示で、実際の露出値が容易に想像できないところが困りものです( ̄~ ̄;)

そこで

EV値   Lux   露出値(ISO100・F2.8)
  5    80     1/4
  6   160     1/8
  7   320     1/15 
  8   640     1/30
  9   1300    1/60
  10   2600   1/125
  11   5100   1/250 

と、虎の巻を用意してみました。

ちなみにドラカメが所有しているLPL VL-90は、

800lux(50cm) と表示があります。

これは距離50センチのところで、EV8+αくらいの明るさがあるよということです。
距離が2倍の1mではEV6+α位と、約1/4(-2段)に光量が低下します。

現在販売されているLEDライトの性能表示の方法は、距離50cmまたは1mでの光量を表示しているものが多いようです。
中には距離の表示が見当たらないものも( ̄~ ̄;)
パッと見の数字に目を奪われず、どの距離での光量なのかしっかり見極めなければなりません。

仮にISO400まで感度を上げ、被写体までの距離2mで、F2.8・1/60秒を確保しようとすると5100lux(50cm)または1300lux
(1m)以上の能力が必要ということになります。

小さなGN12程度の内蔵ストロボで余裕の距離でも、結構立派で高価なLEDライトが必要になります。

続く・・・

あ!写真がない( ̄~ ̄;)
 
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ポチッとお願いします。
[PR]

by dramatic_camera | 2011-09-30 15:58 | 散歩写真


<< LEDライト狂想曲 3 弱い光...      LEDライト狂想曲 1 >>