ドラマチックカメラ

dracame.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 05日

SUNPAK DSU-01

最近使い始めたサンパックのデジタルスレーブユニットです。
d0107372_20571354.jpg
今までも他のスレーブフラッシュやスレーブユニット、トランスミッター等を使用していますが、この機種もなかなか便利です。
d0107372_20572131.jpg
プリ発光キャンセルが可能なので、ホットシューを持たないコンパクト機を含むいろいろな機種で使用可能です。
またプリ発光キャンセルのタイミング調整が細かく指定可能です。

カメラメーカー純正トランスミッターのような高度な通信機能はありませんが、外光オートストロボを使用すれば多少の調整は必要なものの、外光オートで使用できます。

d0107372_20573138.jpg
上はキャノンパワーショットA630(ホットシューなし・コンパクト機)の内蔵ストロボをトリガーにして、ニコンのSB-24(フィルム時代のストロボで外光オート機能あり)を天井バウンスさせストロボ自身を照明させて撮影しています。

カメラ側はマニュアル露出と調光補正の機能がある機種が良いでしょう。

なかなか使えます。

[PR]

by dramatic_camera | 2013-12-05 21:31 | Comments(2)
Commented by あわ at 2013-12-11 22:30 x
ああっ、これは・・・。
去年の今頃、amazonをポチッとやって仕入れたものです。
とても便利そうなのですが、いまひとつトリガーになる内蔵ストロボと
の兼ね合いが掴めないまま、カメラケースの片隅が定位置になって
います。
こんなにキレイに影が消えるのですね・・・。
Commented by dramatic_camera at 2013-12-13 14:31
あわさん

マスター側を弱くして、スレーブ側単体でのライティングを考えれば、通常のストロボ使用と変わりません。
上はレフ使っていますが。
なかなか便利ですね^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Starblitz 200A ...      対向車線は渋滞中 >>