人気ブログランキング |

ドラマチックカメラ

dracame.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 30日

HDR処理とその効果

最近頻繁に使用しているHDR処理ですが、ドラカメ的には一部に人気の絵画的効果を狙ったものより、従来の処理では再現不可能だった部分を補い、あくまで自然で写真的な効果を狙っています。

私としては、HDR処理と気付かれない処理が目標なのですが、その結果ご覧の方にはHDR処理の効果がわかりづらいかもしれません。

そこでHDR処理の効果を元画像と比較してみました。
通常は露出をずらした複数の画像から処理するのが本来の処理方法ですが、波打ち際ということで動きがありますので一枚のRAWデータからの処理です。

先日アップした海岸の風景ですが、曇り空でやわらかく光が回っていて魅力的な光線状態ではありますが、空と地上との輝度差が大きく空と地上を同時に再現するには厳しい状態です。

d0107372_9464224.jpg


通常ならば、空をフレームアウトするなどして撮影するところですが、曇り空の表情もなかなか魅力的なので悩ましいところではあります。

そこでHDR処理用の素材として、なるべくハイライトからシャドーまでがおさまるようにRAWで撮影したものが次の画像です。(RAW+JPEGのJPEG画像)

d0107372_952898.jpg


この画像を無理矢理トーンカーブで調整すると次のようになります。

d0107372_9553181.jpg


d0107372_956596.jpg


これではさすがにまともな画にはならないので、水平線でマスク処理をして別々に処理したものが次の画像です。

d0107372_9575581.jpg


ここまでは今までもよく行われていた処理ですが、細部を表現しようとすると膨大なな処理を強いられることになります。

そこでHDR処理ソフトの登場です。

d0107372_103470.jpg

EOS5D Tokina 20-35mm

HDR処理ソフトの方で、輝度差を埋め細かい部分のコントラストをつけてくれます。
砂浜を見ていただくとその効果が良くわかるかと思います。

もともとレタッチ嫌いなので、毎日の写真も撮ったままが多いのですが、この処理のおかげで今まであきらめていた再現も何とか可能になりそうです。

HDR処理に興味をお持ちの方に、少しでも参考になれば幸いです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ←ポチッとお願いします。

by dramatic_camera | 2009-08-30 10:17 | 散歩写真


<< My Photo Life No.2      DP2 街中スナップ >>