人気ブログランキング |

ドラマチックカメラ

dracame.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 31日

珍品

今日はいつもと趣向を変えて、珍品をご紹介(笑)

オールドカメラをレストアして写真を撮ることが多いのですが、ドラカメが使用するこの手のカメラは露出計が、壊れている、当てにならない、そもそも付いていないなどなかなか楽しいカメラが多いです。

そんな楽しいカメラが現役の時代、電気式の露出計がなかった時代には、こんなものがあったのですね^^

関式サロン露出計
d0107372_17274441.jpg


現在ドラカメの体感露出計(笑)の精度を上げるべく、解読しているのが、関式サロン露出計という露出計算尺です。

季節、時間、天候、被写体などの組み合わせでその場の光の量をを導き出します。

どのような条件で光の状態が変わるのか、興味はつきません。

ヘイデスフォトメーターと名称不明の露出計
d0107372_17343016.jpg


こちらは被写体をのぞいて見るタイプ。

ダイヤルを回して被写体が見えなくなったときの数値を読み取ります。

まだフィルムの感度が低い時代のものとあって、現在実用は難しいです。


最近、古い露出の本を入手。
露出計に頼らない、露出決定法を勉強中・・・。
体内露出計に磨きをかけるのであった(笑)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ←ポチッとお願いします。

by dramatic_camera | 2008-10-31 18:06 | クラシックカメラ


<< LOMO LC-A ゴールとは      HEXANON AR 40mm... >>