人気ブログランキング |

ドラマチックカメラ

dracame.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 03日

デュプリケーター モノクロフィルムの簡単デジタル化

昨日のエントリーで、デュプリケーターって何?

という方のために、ちょっとデュプリケーターの紹介。
まずは

d0107372_2191520.jpg


d0107372_2193427.jpg


これがデュプリケーターとかスライドコピアと呼ばれる機材です。
下が一眼レフ用です。

本来の用途は、ポジフィルムの複製・インターネガ(ポジをネガ撮影したもの)を製作するときに使用します。
貴重なポジの原版をいためないために複製を作ったり、ポジフィルムから諧調豊かで安価なネガプリントを作るときに使用します。
本当はもっとしっかりした機材があるのですが、上の機材はその簡易版。

デジタル化するだけなら、フィルムスキャナーがあれば必要のないものですが、複製フィルムを作ったり、フィルムスキャナより短時間でデジタル画像に変換するときには便利な機材です。

本来はポジフィルムが原版になる道具ですが、ドラカメの場合、昨日のようにモノクロフィルムを短時間でデジタル化するような、ちょっとイレギュラーな方法でも使うことがあります。
フィルムスキャンは手間と時間がかかりますから^^;

モノクロフィルムのデジタル化

昨日の方法を、かなり古いクールピクス950(2M・笑)を使って追ってみます。

d0107372_2129331.jpg

まずフィルムホルダーにフィルムをセットして撮影します。当然ネガ画像です。

d0107372_2131652.jpg

切り抜いてから、諧調を反転させます。このままではかなりネムイので、レベル補正等で調子を整えます。

2Mの古い機種でもこのくらいはあっという間です ↓

d0107372_21344565.jpg

Nikon F2 GN Auto NIKKOR・C 45mm F2.8 NEOPAN ACROS
クールピクス950でデジタル化

ちなみにフラットヘッドのスキャナでスキャンしたもの ↓

d0107372_21364160.jpg


ブログ等に使用するための小さな画像サイズであれば、充分使えると思いますがどうでしょう?

また、スキャンに要する時間はネガを撮影するシャッタースピードなので、フラットヘッドスキャナとは比べものになりません。
さらに、ネガの状況によってはデュプリケーター使用のほうが結果が良いときもあるようです。

昨日のネガから、あえてデュプリケーターでデジタル化したものを少し・・・。

すでに夏の光の中で2
d0107372_214303.jpg


d0107372_21435884.jpg

Nikon F2 GN Auto NIKKOR・C 45mm F2.8 NEOPAN ACROS
EOS5Dでデジタル化

結構高価なので、あえて購入する必要はないと思いますが、中古や在庫処分で安く手に入るようであれば、便利かもしれません。

ここで行った方法は、機材本来の使用方法ではありませんので、ご注意を!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ←ポチッとお願いします。

by dramatic_camera | 2009-06-03 21:54 | 散歩写真


<< 鉄格子の中の花たち      すでに夏の光の中で >>